So-net無料ブログ作成
-| 2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

羽越線を走ったSLうまさぎっしり庄内号! [SLうまさぎっしり庄内号]

2009年10月3日と4日に
イベントで蒸気機関車C57型が
羽越本線を走っていましたね。
c57-010.jpg
JR東日本の新潟デスティネーションキャンペーン
10月1日から12月31日のオープニングイベントだったようです。
その列車の名前は
可愛い山伏のイラストを付けた
「SLうまさぎっしり庄内号」。
羽越本線沿線の
「食」や「芸」などの「うまさ(上手さ・旨さ・巧さなど)」を
SLに乗車されたお客様におもてなしするという趣旨とのこと。
c57-011.jpg
10月3日は新潟県の村上駅から酒田駅まで
10月4日は山形県の酒田駅から村上駅まで
それぞれ片道4時間かけ
二日間に渡って往復しました。
c57-012.jpg
各停車駅ではセレモニーやイベントが行われ
山形名物の芋煮やえび汁そしてお酒など
乗客のみなさんやSLを見に来た人たちへ振舞っていましたよ。
SLを見学にお出かけになった方も
多くいらっしゃるんではないでしょうか。
c57-013.jpg
出発駅の村上駅では地酒と鮭鍋がふるまわれたり
終点の酒田駅では乗客を酒田舞娘(まいこ)や
「やまがた庄内たび宿おかみの会」の女将らが出迎えて
酒田ばやしや振る舞い酒などでもてなしたそうです。
他にもプレゼントがあったりしたそうで行けなかった人は残念。


またこのようなイベントが開催されればいいですね。

人気ブログランキングへ

関連サイト
羽越線わが町でみる電車たち!


2009-10-15 08:58 
共通テーマ:旅行

羽越本線を走ったSL出羽街道号! [SL]

羽越本線を蒸気機関車が
走るイベントって
数年前にもありました。
c57-004.jpg
ちょっと時を
さかのぼって調べてみると
今から5年前の
平成16年9月25日と26日に
あの貴婦人といわれている
C57型のSLが
日本海沿岸を走したんですよね。
c57-005.jpg
イベント列車として
「おいしい山形デスティネーションキャンペーン」の
一環として32年ぶりに
羽越本線を蒸気機関車が
黒い煙と汽笛を鳴らし走ったんだそうです。
区間もSLが活躍していた時代と同じ
新潟県の村上駅から
山形県の酒田駅までの往復でした。
走らせた蒸気機関車も
あの「SLばんえつ物語号」で知られる
C57型180だったようです。
c57-006.jpg
「SL出羽街道号」が
走ったこのイベントでも
蒸気機関車の停車駅では
太鼓や踊りなどの歓迎イベントがあったり
羽越本線の各駅や沿線には
SLファンやアマチュアカメラマンが集まって
カメラのシャッター音を轟かせ
賑やかなイベントだったそうです。

そんな「SL出羽街道号」が走って
はやくも5年の時が流れてしまいました。


そして今年も
「新潟ディスティネーションキャンペーン」の一環として
「SLうまさぎっしり庄内号」の蒸気機関車が
黒い煙を上げ日本海沿岸を
疾走する雄姿の思い出を残してくれました。

人気ブログランキングへ

関連サイト
羽越線わが町でみる電車たち!


2009-10-14 08:19 

陸羽西線を走ったSLもがみ号! [SL]

蒸気機関車が走るイベントは無いのかな?と調べてみたら
陸羽西線でも蒸気機関車が走るイベントがあったんですよね。

今から6年前の平成15年9月27日、28日に
新庄から酒田を往復したんです。
c11-004.jpg
そのときに走ったのは
真岡鉄道で見かけるC11型蒸気機関車。
羽越本線をイベントで走る
C57型ではないんですね!
c11-005.jpg
この際「SLもがみ号」として走ったそうですが
別称として「SLおしん号」だったそうです。
確かに最上地方の新庄から
庄内地方の酒田へ向かうとなると「おしん」の
イメージと重なりますよね。

そのイベントでの運行では
新庄から酒田へは蒸気機関車が前向き
酒田から新庄へ向かうときは蒸気機関車は
バック運転だったそうで
珍しい光景が見れたみたいです。



今年の6月にも
「おいしい山形デスティネーションキャンペーン」で
左沢線の山形から左沢へ運行されたんですよ。
また走る姿を見てみたいですね。

人気ブログランキングへ

関連サイト
羽越線わが町でみる電車たち!


2009-10-13 12:22 

羽越本線を走るC57型とD51型! [蒸気機関車]

羽越本線での蒸気機関車の
定期運用が終了したのは37年前。
当時はまだ国鉄の時代!
(日本国有鉄道:のちに民営分割化され現在はJR)
c57-002.jpg
羽越本線を往来していた蒸気機関車は
C57型とD51型・・・
Cが旅客用でDが貨物用とされていましたが
実際はD型も客車を引いていたので
必ずしも専用ということではないようです。

C57型蒸気機関車は
一般的に「貴婦人」の愛称で呼ばれています。
1937年(昭和12年)から
1947年(昭和22年)の間に
製造されていましたが
製造時期により改良による違いも有るようです。
今も走れるのは驚きですが
製造されて30年前後は現役で走っていたんですね。
c57-003.jpg
D51型蒸気機関車は
「デゴイチ(デコイチ)」の愛称が有名で
太平洋戦争中に大量生産されたこともあり
1,115両も製造された
日本で一番製造された蒸気機関車だそうです。
製造されたのは1936年(昭和11年)から
1945年(昭和20年)ですから
戦後は製造されていないんですね。
改良を重ねられていったとしても
その後30年ほどは
現役で走っていたのですから凄いですね。



D51型は本来は貨物の牽引や
山間部での客車牽引が中心の地味な存在だったようです。
平坦な羽越本線では
客車列車の牽引で活躍していたことは珍しいようですね。

人気ブログランキングへ

関連サイト
羽越線わが町でみる電車たち!


2009-10-12 13:08 
共通テーマ:旅行

懐かしき蒸気機関車 [SL]

羽越本線と陸羽西線を走ったSL時代・・・


つい先日 懐かしい汽笛の音とともに
イベント列車の蒸気機関車を見かけました。
羽越本線を新潟県の村上から
山形県の酒田までの往復だったようです。
蒸気機関車も今やイベントでしか見なくなりましたが
鉄道人気?か年々イベントは増えているようですね。
c11-001.jpg
陸羽西線は今でも非電化区間のスーパーローカル線ですが
もはや蒸気機関車は使っておりません。
蒸気機関車が走っていた時代
陸羽西線ではC58型が活躍していたようです。
c57-001.jpg
今回のイベント区間である羽越本線では
新潟・新津方面からは今回のイベントで走ったC57型が・・・
秋田方面からはD51型が活躍していたようで
羽越本線ではC57型とD51型の蒸気機関車が
往来して活躍していたようですね。
しかし1972年(昭和47年)に
完全電化されたことで蒸気機関車の定期運用は終了しました。



今回の蒸気機関車の雄姿を見て
懐かしかった方も多かったんじゃないのかな


人気ブログランキングへ

関連サイト
羽越線わが町でみる電車たち!


2009-10-11 11:43 
共通テーマ:旅行


-|2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。