So-net無料ブログ作成

羽越線SLうまさぎっしり庄内号2010 [SLうまさぎっしり庄内号]

今年も羽越線を蒸気機関車が走りましたね。
SLうまさぎっしり庄内号のC57 180は
c57-b030.jpg
国鉄C57形
蒸気機関車180号機のことです。
実際には日本国有鉄道(国鉄)の
前身である鉄道省が製造した
C57型蒸気機関車の1両。
c57-b020.jpg
現在C57型の静態保存機は
全国に多数ありますが
動態保存機(動く状態)で
運行に利用されている物は
JR西日本の1号機と
JR東日本の180号機だけです。
c57-b022.jpg
180号機は60年以上も前の
1946年(昭和21年)に
三菱重工業三原製作所で
製造され新潟機関区に配置されました。
その後1963年(昭和38年)に
同じ新潟県内の新津機関区に移り
3年後の1969年11月8日に廃車になっていました。
c57-b023.jpg
現役時代は羽越本線秋田と
信越本線直江津に磐越西線会津若松までを
運行しており急行「日本海」や「佐渡」の牽引もしていました。
現役期間中の最終総走行距離は1,691,096.3km。
c57-b024.jpg
廃車後は新津市立新津第一小学校の前庭に静態保存され
静態保存から2年後には屋根が掛けられ
新津機関区(現・新津運輸区)職員やOB
そして新津市民らによる「新津市蒸気機関車保存協力会」や
第一小学校児童の手により
手厚く整備清掃を受けて保存されていました。
c57-b029.jpg
1990年前後から多くなった
動態保存のSLによる運行が増えてきた時期
新津市でもC57型180号機を
動態復元しようという機運が高まり
1998年(平成10年)3月から復元作業を開始。
保存状態が良く、1年後の1999年3月に車籍が復活。

現在は磐越西線での
「SLばんえつ物語号(のちにSLばんえつ物語)」として
運転されているほかJR東日本新潟支社管内にて
様々な臨時列車の牽引機として運行されています。

人気ブログランキングへ

関連サイト
羽越線わが町でみる電車たち!
SLうまさぎっしり庄内号


2010-10-18 10:55 
共通テーマ:旅行

SLうまさぎっしり庄内号 C57-180 [SLうまさぎっしり庄内号]

新潟デスティネーションキャンペーンのひとつとして
今年も羽越本線の村上駅から
山形県の酒田駅間を1往復する
「SLうまさぎっしり庄内号」が運行されました。
c57-a010.jpg
ひさびさにSLの旅を楽しもうかと
予約して乗車してきました。
残念ながら時間の都合で
今回のSLの旅は村上駅~酒田駅のみ。
そんな「SLうまさぎっしり庄内号」・・・
c57-a011.jpg
今回の始発駅の村上駅に到着。
乗客だけでなく出発イベントの人達や
写真撮影の人達で賑わっていました。
申し込んであった
「SLうまさぎっしり庄内号で行く
羽越線パック」はお弁当付き。
c57-a012.jpg
ホームでお弁当を受け取り
いざSLに乗車。
盛大な出発イベントが行われ
たくさんの人に見送られながら
村上駅を酒田駅へ向かって出発です。
c57-a014.jpg
ちょうどお昼の時間
早速お弁当で腹ごしらえです。
最初の停車駅である
桑川駅までの約30分
車窓を眺めながらもお弁当に夢中。
美味しくいただきました。
c57-a013.jpg
酒田駅までは
桑川・府屋・あつみ温泉
鶴岡・余目と停車して行き
各駅では数分から30分の
停車時間がありました。
イベントがある各駅では
SLの到着を待ちわびる人達がいたりと
普段と違ってとても賑やか。
c57-a015.jpg
鶴岡手前までは
日本海沿いの景色を楽しめました。
鶴岡を過ぎるとやや内陸部の
余目駅に向かうため
一転して田園風景が続きます。
田んぼの刈り取りもはじまっていたので
黄金色の田園風景とは行かず残念でしたが
秋の気配をおおいに感じられました。
c57-a016.jpg
4時間ほどのSLの旅を経て
いよいよ終点の酒田駅。
ここでもホームは賑わい
SLの到着を待ちわびていた方々から
盛大なイベントで歓迎。



楽しいSLの旅を堪能できました。
SLうまさぎっしり庄内号は
酒田駅の機関区で一休みして
翌日にお客さんを乗せて再び村上駅に向かいます。

人気ブログランキングへ

関連サイト
羽越線わが町でみる電車たち!
SLうまさぎっしり庄内号


2010-10-03 01:29 
共通テーマ:旅行

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。